フリースタイルのオーダーメイドキッチン

kitchen-p1-1オーダーキッチンの良さは、家族の生活に合わせたカタチや素材が選べること。 万人に合うように作られた既製品のシステムキッチンには、あれもこれもと細かい仕様がついていますが、実際には使われなかったり、メンテナンスが面倒だったりと、要らないものもあります。もちろんサイズも製品モジュールに基づいています。

フリースタイルのオーダーメイドキッチンづくりで特に大切にしていることは、一番必要なところに重点を置くということ。予算のかけかたや、素材使いにも、本当に必要なものから先に選び、良く使うものは丈夫で壊れにくく、または取り替えが効くようになど、一生使いつづけるための小さな工夫と提案を続けたいと思っています。ryouri

たとえば、素材。
ワークトップは丈夫で長持ち、清潔を保てる素材に、木製のカウンターや収納扉などは、出来る限り木の風合いを生かしたオイル仕上げで、お客様が毎日の生活の中で、ご自分で手軽にメンテナンスして使い込んでゆけるキッチンづくりを心がけています。

wineそして、将来に向けて、使いながらつくりあげてゆく楽しさも残して行きたいと思っています。最初にすべて完成されたキッチンではなく、家族構成の変化などに応じて棚を追加したりペグボードを付けたり、家族とともに成長してゆけるのが理想のキッチンだと私たちは考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です