ダイニングテーブル・・その2

天板が出来上がったので、今度は吸い付き桟加工です。
吸い付き桟とは天板の反りを押さえる為のものです。
天板に溝をほって桟を差し込んで行きます。
今回はその桟に補強の為の部材が接合されて行きます。
こんな感じ。
R0011186.jpg
R0011180.jpg
名前のとおり天板と桟が吸い付いたようになればOKです。
脚の加工は、もう終わってるので後は、仮組です。
R0011204.jpg
この後、製作が控えているTVボードの材料、ウォールナット。
寝かせてます。

Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です