カテゴリー別アーカイブ: キッチンリフォーム

食洗機の設置工事

キッチンの完成から2年が過ぎました。
収納とカウンターを背面に設けたことで、キッチン本体はコンパクトになり
窓側との壁の間に空間ができていました。
このぽっかり空いた空間をどうするかは後で考えようということで
白かった壁に板を貼ったり大きめの植木を置いて楽しみました。
飾り棚を作って小さい植木やお気に入りのカップを置くのもいいかなと
思ったりしていました。

今年に入ってから、食洗機を置いたらどうかという案が浮上。
株式会社藤和さんの
ショップで色々な食洗機を見せていただきました。
デザインやメーカーによる洗い方の違いや、特徴などわかりやすく
説明を受け、うちではMieleに決定。
電気工事と水道工事を経て、木工事と進みました。
 
本体にビスケットを入れて食洗機の外側木部を取り付けます。
このまま一晩固定。

翌日食洗機が到着しました。600は結構大きい・・・
 
いよいよ食洗機の工事です。キッチン本体に穴を開けて水道に繋がるようにします。
 
無事収まりました。
 
水道と電気を繋ぎ仕上げに前板を貼って、完成です。
最後に食洗機の使い方など説明を受けます。

キッチン本体に合わせて側板と前板もくるみ材で作りました。
キッチンの経年変化で、並べると色の違いがよくわかります。
窓際に一番近いので前板の色も程よく焼けていくのを期待。
天板は水に比較的強いチーク材にしました。

経年や生活パターンの変化など、リフォームのタイミングは様々です。
今の暮らしに少し足したり減らしたり或いは仕様を変えるなど
考えてみることで新しい発見があるかもしれません。

Share on Facebook

僕らのキッチン奮闘記 Vol.3

top2015013

料理を作って、語らいながら食事する・・・
ダイニングキッチンは僕らの一番大切な場所

さぁ!キッチンが出来たら、いざ!パーティ☆☆☆
みんなで使って、美味しいものを食べてこそのキッチンですよね、やっぱり。
というわけで、念願の食事会でキッチンの使い心地をみんなで検証します(仕事の一環です!)

ゲストはカメラマン夫妻とデザイナー夫妻。
久々の大集合に、準備が始まる前から話も弾んでテンションマックスです(仕事の一環です!!)

20150703_040_s20150703_031_s

ヨメはコロッケを揚げています。油が跳ねてもすぐに汚れが拭き取れるよう、コンロ前の壁はキッチンパネルにしました。
ダイニングテーブルは、パンを切ったり配膳をしたり、キッチンの一部として使えます。
僕も今日は、のこぎりをパン切り包丁に持ち替えて・・・。

20150703_041_s

早くもパンを狙っているharuです。ダメ!

ダイニングキッチンとひとつながりの、広々リビングルーム

料理が出来るまで、キッチン以外のスペースをちらっとお見せします。

20150703_053_s

リビングルームの左に見えるのが、ダイニングです。壁の向こうに、収納庫と作業台があります。
明るい光が差し込んで、気持ちいい空間です。窓から見える河川敷の景色もまた、良いんです。
クッションはharuのお気に入りの場所・・・。

20150703_059_s

テレビボードも、もちろんFREE STYLEオリジナルです!(さりげなく写り込む、スーさん)

20150703_066_s

玄関から見たリビングダイニング。扉を開けると広々〜。
猫たちが自由に行き来出来るための猫穴を、壁や扉につけました。これが本当に便利なんです。

20150703_009_s

寝室/トイレ/リビング/廊下を自由に行き来するスーさん。
「開けてくれニャ〜」という声に悩まされることもありませんよ。

20150703_017_s

建具もFREE STYLEが作りました。ツインカーボ入りで、玄関ホールも明るくなりました。

20150703_042_s

さあ!そろそろ料理も準備ができました!

20150703_067_s
まっさらなキッチンで作った料理を、まっさらなテーブルでみんなでわいわいいただきました。
これからどんどん使い込んで、いい味になってくれたらいいなー。

念願の僕らの住まいと僕らのキッチン。目が覚めた時にふと、
「あ、新しい家だ。やっぱり夢じゃなかったんだなー」って幸せを感じることがあります。
忙しくて休みも無くて、なかなか進まなかったけど、あの日あの時「えいやっ!」と決断してなかったら何も始まりませんでした。
今までたくさんのキッチンや家具をつくらせていただいていましたが、そのひとつ一つにお客様のたくさんの思いや、決断があったことを再確認出来ました。

この仕事をしていて、本当に良かったですし、これからもずっと続けてゆきたいです。

今回ご紹介出来なかった、玄関ホールや洗面所、トイレなどにも随所にオリジナルの家具があります。
そして、まだまだ僕らのリノベーションは進行中・・・。それはまた、ブログで紹介出来たらと思います。

僕らのキッチン、見学も受け付けています。

実物を見ながら、あなたの暮らしにぴったりなキッチンのお話が出来たらと思います。
見学ご希望の方は、フリースタイルまでお気軽にお問い合わせ下さいね。

僕らのキッチン奮闘記Vol.1

僕らのキッチン奮闘記Vol.2

Share on Facebook

僕らのキッチン奮闘記 Vo.2

top2015012
フリースタイルの、フリースタイルによる、
フリースタイルのためのキッチン完成!

引っ越してからもキッチンが完成していないため、キャンプのような生活をしていた僕たちですが・・・やっと!念願のキッチンが完成しました。これで、カセットボンベの大量消費ともさよならです。

キッチンの素材については、木を基調にすることだけは決めていました。
悩んだのはワークトップ(キッチンの天板)の素材。手入れは大変だけど、木にしたいな、とか、モザイクタイル貼りも素敵だな〜と。他にも人造大理石なども丈夫で綺麗だし、パイやピザを作るなら天然の大理石が良いし・・・。

いろいろ考えた結果、ステンレスに!表面は、シャープな印象のヘアライン仕上げではなく、ラフでソフトな感じのバイブレーション仕上げにしました。(傷も目立たない!?)

そして・・・一番のこだわりポイントは、収納です!

20150703_022_s 20150703_021_s

引出し収納の良いところは、一目で中のものが分かることですね。
用途に合わせて、細かく分けています。食器って意外と重たいんですが、スライドレールのおかげでラクラク開け閉め出来ます。

20150703_023_s

全部開けてみると、壮観です!
食器から調理器具、カトラリーに調味料まで、ちゃんと置き場があるからすっきりと暮らせるんですよね。
収納のコツは、「使うところに近い場所にしまう!」食器やボウルなどはシンクの近く、調味料や鍋ははコンロの近く・・・。など、作業導線を考えながら置き場所を決めます。

奥のほうにはお客様用やあまり使わないもの、手前には普段使いのものをしまうとさらに便利ですよね。20150703_024_s

一日に何度も手にするコトになるので、シンプルで使い易い取手えらびも重要です。
とにかく手に馴染むもの、触りたくなるもの、リビングと一体化した空間にあっても邪魔にならないもの・・・・。僕たちにとっては、このスチールの取っ手が一番ベストでした。
でもこれは、それぞれの家族によって違うかもしれませんね。

料理が好きだけど、あんまり凝ったことはしない、家庭料理派の僕たち。業務用2口コンロと大きめのシンク、作業台があれば充分です。いざとなればダイニングテーブルも盛りつけ台になります。

基本的なキッチンはI型ですが、実は、冷蔵庫とコンロの後側に、作業カウンターと収納庫があります!じゃん!

20150703_026_s

冷蔵庫から振り向いたすぐ後にある、天井までの収納スペースにはストックフードや雑貨がじゃんじゃん入ります。
作業カウンターにはパン焼き機や根菜にお米、ミキサーなど、すぐ使いたいものがきちんと納まります。リビングダイニングからは見えないので、お客様のお茶の準備も落ち着いてできます。
幅約180cm、奥行き約50cmのこの空間があるだけで、キッチンにすごくゆとりが生まれます。

やっぱり、オリジナルのキッチンはいいなぁ・・・と、しみじみ感じました。20150703_037_s

キッチンに隣接するダイニングテーブル。ここにも家具屋ならではの小さな工夫が・・・。
何と、床の段差にあわせて、足の長さを段違いにしています!
その分、椅子の座面の高さも調整が必要です。お客様が座るフローリング側は、厚めのクッションのあるスツール、僕たちの椅子はシンプルな木の座面のスツールです。
もちろんスツールもフリースタイルのオリジナルです。

さぁ!キッチンが出来たら、いざ!パーティ☆☆☆
みんなで使って、美味しいものを食べてこそのキッチンですよね、やっぱり。
楽しい宴のようすと、リビングのリポートは、また次回・・・。

つづく

僕らのキッチン奮闘記Vol.1

僕らのキッチン奮闘記Vol.3

Share on Facebook

僕らのキッチン奮闘記 Vol.1

20150703_006_s2

自分たちにぴったりのキッチンをつくりたい!
そんな思いから、中古マンションを買うまでの経緯

20150703_071_s自分たちがオーダーメイドのキッチンを作り始めて12年・・・。
今まで、たくさんのお客様のキッチンづくりをお手伝いしてきました。そして、キッチンって本当にその人の暮らしぶりがあらわれる、大事な場所だなと再認識しました。
「そろそろ自分たちの理想とするキッチンを、1からつくりたい!」
「せっかくなら、これからキッチンのオーダーを考えるお客様にも見にきてもらえてるような場所にしたい!」

そんな気持ちが日に日に高まり、居ても立ってもいられなくなって、仕事の合間に少しでも時間があれば、物件を見て回りました。

今まではペットと一緒に暮らせる賃貸物件を点々としていた僕たち。大家さんの許可をもらっては自分でリフォームして、それなりに快適に暮らしていました。

引っ越しって、回数を重ねるたびに、自分たちにとって「必要なもの」と「そうでなもの」について、イヤでも考えさせられるんですよね。
「このボックス、前の引っ越しの時から開けてないんじゃない?」「これは持って行こうか?それとも処分しようか?」など、その都度判断を迫られます。

僕たちが一番大事にしている「食べること」の中心にあるキッチンだって、
「ごはんは鍋で炊くから、炊飯器いらない」とか、「丈夫でシンプルな業務用のコンロのほうが好き」「収納は、余裕があるほうがいい」など、自分たちの身の丈にあわせ、こだわりポイントもはっきりしてきました。

20150703_025_s

僕たちにとってキッチンは、やっぱり家の中心であって、暮らし全体と切り離すことはできないなと・・・。
そこで、キッチンを中心に、住まい全体を思い通りにリノベーションしようと、中古の分譲マンションにターゲットを絞って探しました。
そしてやっと、ロケーションも最高!ペットもオッケー、お散歩コースにも事欠かないという正に理想の物件に出会いました。
工房にも楽に通える!こんな条件の良い物件なんて、もうないゾ!とほぼ即決で購入決定。

ここから、ワクワクする家づくりが始まりました。

つくる、たべる、住まう。
ひとつながりの空間を目指して全面リノベーションを決行するゾ!

購入した物件は、よくあるマンションの間取り。
キッチンは、カウンターのついた小部屋で、一番嫌いなタイプ(笑)のシステムキッチンでした。

IMG_6182 IMG_6186

もともとあったキッチンがこちら!
大型シンクに天袋収納、ビルトインの3口コンロには、魚焼きグリルも。
「えっ!これでいいじゃん」って思うかもしれませんが、ごめんなさい、我が家には『僕が作った』キッチンを置きたいんです!

実は、ヨメは後日、「魚焼きグリルはあっても良かった」とこぼしていましたが・・・。

IMG_6179 IMG_6181

僕たちにとって、料理することは生活の一部。キッチンが半オープンで対面とはいえ、区切られていると使い勝手が悪い・・。
そこで、カウンターも間仕切りも取り外し、出来るだけオープンに、天井もフラットにしよう!と考えました。

11667102_464473897055902_523868795_n

マンションのリフォームでは、壁を撤去してはじめて分かることがあったりするのですが、我が家もそうでした。構造上の問題で、天井にはどうしても段差が出来てしまうのです。
そして、これは予想出来ていたことですが、給排水の位置を変えようと思うと、パイプスペースを確保するためには、床に段差が出来てしまいます。

業者さんとも相談した結果、天井の段差は下がり壁をつけることで違和感をなくし、床の段差は、「いっそ、素材を変えてしまえ!」ということで、ダイニングキッチン全体の床をテラコッタタイルにしました。

リノベーション前はリビングに隣接した和室があり、脱衣室には豪華な洗面台がありました。
この洗面台、新品だったため、業者さんには「本当に要らないですか?」って聞かれました。
人によっては便利で快適だと思うものでも、自分たちには不必要なものって、ありますよね。

IMG_6183IMG_6185

和室を撤去したら、すっきり広々とした空間が現れました!

11668226_464473893722569_28847473_n

リフォーム前の間取り図
before

リフォーム後の間取り図after

全面リフォームで実現した、広々としたキッチンと、ひとつながりのリビングダイニング。

20150703_005_s

リビングの床は、ノンスリップフローリング。鋸目の入ったような、ざらっとした足触り。
愛犬の足腰の健康のために選んだのですが、寝っころがると、さらっとして気持ちいい〜。

とうとうキッチンが入ります!

キッチンの壁面には、モザイクタイルを貼ってもらいました。
実は、このあと急激に忙しくなってしまいました。引っ越しはしたもののキッチン無し、カセットコンロで料理というキャンプのような生活がしばらく続きました。

そして、とうとうオリジナルキッチンが我が家にやってくる日が来ました・・・

11655155_464473933722565_942081615_n
つづく

僕らのキッチン奮闘記Vol.2

僕らのキッチン奮闘記Vol.3

Share on Facebook